FC2ブログ

BAR KAZ a mellow sound

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
一口飲めば十分!(笑)
Beaujolais Villages Nouveau / Joseph Drouhin
156

今年もやってきました、ボジョレー・ヌーヴォー☆
お店に毎年1,2本は入れるので口にはしていますが…
もちろん味わって飲むモンではございません。
数年前よりかはボジョレー人気は落ち着いたと思います。
そもそもボジョレー・ヌヴォーとは、
ボジョレーにて生産されるワインで、毎年11月第3木曜日に解禁される新酒です。
その年のブドウの出来栄えをチェックの為のワインで、フルボディ好きにはオススメ出来ません。

最近のボジョレーは何を思ったのか3000円以上のモノも多くなってきていています。
現地では1本数百円のシロモノです。
ハッキリ言わせてもらえば美味しくありません(笑)
酒屋で3000円出せば普通に美味しいのが手に入ります。
短期間に特別な製法で作られているので酸味が恐ろしいです。
お祭りと割り切ってさくっと1杯飲むにはよいでしょうが、1本飲み続けるのは…
とか言いつつ、飲んでみんなで「まじー」と騒いで楽しんでおります(笑)

ワインはスコッチやラムと比べると半端ない数があるので、
いざ勉強するとなると気が遠くなります。
ロック塾ではありませんが、薄っぺらく勉強いたしやしょう(笑)
大きく「ボルドー」「ブルゴーニュ」と2つに分かれていて、
ボジョレーは「ブルゴーニュ」に分類されます。
好みもあるのでその2つに甲乙付けるのはほぼ無理と言えるくらいです。
ボルドーの代表的銘柄は、
第1級シャトーのシャトー・マルゴーやシャトー・ラフィット・ロートシルト。
以前紹介した甘口のシャトー・ディケム等です。
んでブルゴーニュの代表といえばロマネ・コンティと白はシャブリ。
ブルゴーニュは生産数自体が少ない為、需要があるモノは必然的に値が張ります。

数年前に買ったソムリエナイフをお店でなくしてしまいました。
恐らくゴミ箱の近くに置いていて、それがゴミ箱に落ち、そのまま…(笑)
無いと何かとスピードが落ちて不便なのでしぶしぶ新しいのを購入致しました。
157

ソムリエナイフと言えばラギオールのソムリエナイフ。
ラギオールの名前を冠したモノが色々と出ています。
その中でも数千円で気軽に手に入る「セパージュ・ラギュオール」を買いました。
158

重量感もあって外側に栓抜きが付いている事が良い!
ワインのコルクよりビンの栓を抜く事が多いのですが(笑)
ソムリエになるには並大抵の努力では無理で、
ワタクシにはサービス精神も欠落して入る為この位のソムリエナイフで十分です。

だらだらと書いてしまいましたが、結局はスコッチとラムが好みだったって事です(笑)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。